看護師が活躍できる職場とは?

看護師が活躍できる職場は病院だけではありません。看護師が活躍できる職場には、病院以外にも、診療所、社会福祉施設、保育所、乳児院、保健所、などがあります。

①診療所で働く看護師

診療所で働く看護師は、子供からお年寄りまで幅広い年代の患者さんと関わります。

診察や治療の補助的な役割はもちろん、患者さんや患者さんの家族の相談にのってあげたりもします。病棟の看護師と比べると、より患者さんの身近で看護をする仕事と言えるでしょう。

②社会福祉施設で働く看護師

社会福祉施設で働く看護師は、チームワークを大切にする必要があります。利用者さんは、高齢者の方がほとんどなので、あらゆる面からのサポートが必要となります。

とても看護師1人の力では十分なケアはできないのです。介護士やホームヘルパーやケアマネージャーなどと連携してチームワークを守りながら業務をこなすことが求められます。

③保育所や乳児院で働く看護師

保育所や乳児院で働く看護師は、子供を理解していなければなりません。子供は大人と違って、体調が悪くてもそれを言葉で伝えることができません。恥ずかしがって我慢してしまう場合もあります。

そんな時は、看護師が子供の表情から異変に気付いてあげることが大切です。そのためには、日頃から、子供達とコミュニケーションがとれていることが大前提となります。

④保健所で働く看護師

看護師の資格と共に保健師の資格を取得すれば、保健所で働くことができます。保健所で働く看護師は、地域に寄り添った看護が求められます。地域住民の、健康管理や病気の相談などを受けるのが主な仕事です。


このブログ記事について

このページは、看護師転職だよが2013年12月20日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師転職の注意点」です。

次のブログ記事は「韓国の大学病院の看護師さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。